So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっとヘンだよ、ワンセグの時報

テレビをつけているとき、たまたま同じ番組を携帯ワンセグで見たらへんなことに気がついた。

ワンセグって、テレビ放送よりも1秒弱くらい遅れるんだよね。
ということは、

ワンセグの時報はまちがっている!

時報を発信しているところで時間をずらせているとは思えないので、
発信は同じ時刻だろう。
電波は1秒間に30万キロを走るわけだから、
同じ時刻に発信した時報をテレビで受信するときと
ワンセグで受信するときとで1秒弱違うということは、
つまり、

ワンセグの電波は20万キロくらいは寄り道をしてから
携帯に届く(携帯のスピーカから聞こえる)ということになる。

空気中の距離はほとんど変わらないとすると、
時報を発する部分から送信アンテナまで、または
携帯のアンテナからスピーカまで
の間にこの20万キロがあることになる。
すごいね。

……ほんとうは携帯の中のコンデンサとか、そういうパーツの中を通るときに
微妙に時間がかかるんだろうけど、
それにしてもすごいなあ、と思う。

電波=光は、どのような場所でも秒速30万キロで不変である、というのは
相対性理論の中にあるんじゃなかったっけ?
このあたりになると、物理オンチのワタクシにはわかりません。



…………しかし、なんと
ワンセグだけじゃない!

固定電話と携帯電話で同時に時報をきくと、
やっぱりわずかに時間のずれがある!

正しい時報は、いったいどれなんだろう?

世の中、これだけは信じられる、と思っていたことが、ひとつ、減りました……(TT)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。